農家の🍢

ルミナリエの帰りに何かあったかくて美味しいものを食べて帰ろうと、思い当たるところを探しましたが、当然、どこも満席。
元町まで戻って来てしまい、嫁さんに任せると、ランチが美味しかったとのことで、ベジタブルダイニング 農家さんへ。
帰られるお客さんがいたため、セットするのに10分程度の待ちで何とか食事にありつけました。
殆どが女子会のお客さんで自然派志向っぽく野菜がウリのため、自分には何だか物足りませんが、玉ねぎのおでんは初めてで、意外といけました。
f:id:kararink:20151208121247j:image
娘はよほど空腹だったのか、美味しかったのか、突出しの茶碗蒸しを2人前ペロリと平らげた後、鶏の竜田揚げをパクついてました。
f:id:kararink:20151212061542j:imagef:id:kararink:20151212061635j:image
新鮮な蒸し野菜が人気のようですが、田舎者の自分には、こんなん家でタジン鍋したらええやんくらいにしか思えませんでした。楽しんでいる嫁さんを前に、決して口には出せませんが。
f:id:kararink:20151212061742j:image
よって、酒のアテには小鉢盛合せ(おばんざい)がぴったりですが、そのお酒もやや高め(生中¥580-)の値段設定で残念。しかも、香住鶴に至っては産地が朝来市だとメニューに誤表記。それって、地酒通販の某販売店の所在地じゃね〜の。感じの良さそうな店員さんだったので、やんわり指摘はしておきましたが、「メニューは古いものを使っているので。」⁇だって。ひょうごの産直をウリにしているには浅すぎますね。最後はカニとキノコの釜飯で〆としました。
f:id:kararink:20151208193322j:image
釜飯と言えば、学生時代にバイトしていた「安兵衛寿司」の職人・大屋さんが作って食べさせくれた味が絶品だったなぁ。深夜1時に仕事をあがって、隣りの映画館で釜飯をパクつきながら新作のゴジラを観たっけ、懐かしいなぁ。

〈買って帰ったデザート〉
その①:セブンイレブンのミニかまくら
マツコの知らない世界で絶賛していただけあって旨い!
f:id:kararink:20151208121428j:image

その②:たねや最中
似たようなのをいろいろ食べ、たねやさんは久し振りなのだが、餡のパッケージの開け方がこんなに分かりにくかったっけ。厚みも減ったような。こないだNHKのちえいずに若社長が出ていて自分流の改良に漸く自信を持てるようになったとか言っていたけど、先代の本物志向の方が良かったような気がする。芋羊羹は相変わらずメチャウマですけどね。
f:id:kararink:20151208121455j:image